中 間 処 理 情 報
トップページ 産業廃棄物の運搬・処理・リサイクル 事業者としての、資格と許可内容 中間処理施設のご紹介 今までに授受した感謝状等のご紹介 会社案内・概要


社団法人愛知県産業廃棄物協会 会員証
 中 間 処 理 工 程

産業廃棄物中間処理とは、最終処分の前に行う、破砕、粉砕、脱水、焼却、中和などの処理作業をいいます。
有限会社ホクトサービスでは、この中間処理を自社中間処理と外部への委託で行っています。
中間処理作業では、廃棄物の分別や粉砕による減量化を行います。リサイクルのためには、この中間処理工程が欠かせません。
これらの中間処理を行う施設を中間処理施設と呼びます。

収集運搬
自社 中間処理
リサイクル委託 最終処理 


 廃 プ ラ ス チ ッ ク フ ロ ー 図

産業廃棄物中間処理の仕組み
産業廃棄物はまず中間処理施設へと運ばれた後に、施設内で分別、破砕、粉砕、圧縮などを行います。
●分別作業で、鉄屑、廃プラスチック類、紙屑類、木屑などに選別します。
●廃プラスチック類を圧縮・梱包します。
●RPF(固形燃料)、化石燃料の代替として使用します。


施  設  名 住   所 許 可 範 囲  許 可 番 号
有限会社ホクトサービス
清須市西枇杷島町城並3丁目6番地の1
三重県収集運搬業
岡崎市収集運搬業
愛知県収集運搬業
愛知県処分業
02400008434号
10500008434号
02310008434号
02320008434号
 電子マニフェストシステムに対応

有限会社ホクトサービスは、電子マニフェスにより情報管理の合理化を図っています。
電子マニフェスト制度は、マニフェスト情報を電子化して、排出事業者、収集運搬業者、処分業者の3者が情報処理センターを介したネットワークでやり取りする仕組みです。


不法投棄などを未然に防ぐために、廃棄物処理の流れを電子マニフェストを用いて確認できるようになっています。
電子マニフェストを利用する場合には、排出事業者と委託先の収集運搬業者、処分業者の3者の加入が必要ですが、電子化のメリットである「情報の共有」と「情報伝達の効率化」により、関係者間における情報管理の合理化が推進可能となります。